スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 絶対にやってはいけないメールでの集客方法

前回はメールの署名を使った集客術について紹介した。さっそく実践している読者の方から、アクセス数が急増したとの声をいただいている。しかし、だ。このメール署名PRは危険だ。自制心を保つことが何よりも問われる。署名にあなたのURLを仕込み、メールを相手に返信したとき、きっとあなたはこう思ったはずだ。

もっとメールを出しまくりたい

しかし、どうだろう。あなたは、こうも思わなかっただろうか。

あ、そうだ。自分から久しぶりに知り合いにメールすればいいんだ。
あ、そうだ。わざとメアド変えて、知り合いに報告メールしちゃおう。
メアド変えるのも面倒くせーな。
あ、そうだ。わざと知り合いのメアド間違えたフリして、知らない人にもメールしちゃえばいいんだ。


誤メールPRの例をあげよう。まず1回目の送信。

====================

おひさしぶり!元気?
この前、携帯で撮った
ゆまの写真、下のサイトに
載せたから。

後ろに写ってる茶髪、誰?
かっこいいね!

http://syukyakublog.blog56.fc2.com/
ともこ

====================

そして、時間をおいて2回目の送信。

====================

どなたかはご存知ありませんが、
さきほどは間違えて、メールしてしまいました。
すいません(ToT)
かなりプライベートな話題なんで
メールを削除してもらっても
よいでしょうか?

>お久しぶり!元気?
>この前、携帯で撮った
>ゆまの写真、下のサイトに
>載せたから。
>
>後ろに写ってる茶髪、誰?
>かっこいいね!
>
>http://syukyakublog.blog56.fc2.com/
>ともこ

====================

上の文面なら、1回目だけでも効果がありそうだが、2回送ればダメ押しになるだろう。最近では同じような手口を使う出会い系サイトの勧誘業者が激増しているから、100%のクリック効果は保証できないが、それでもメールを受け取った約7割の人がクリックすると仮定して、およそ100人/1日、知らない人にメールを送信した場合、

・100人(うち2割が存在しないメールと仮定)×7割=56人/1日

と送信者数に対し、5割以上の集客効果が見込めるのである。


【集客への探究心+プログラムが生み出す危険】

上の数字を見て、1日に100人もメールアドレスを打ち込むが面倒と思った人もいるだろう。たしかに、メールアドレスを適当に作り出すといっても、最初のころは

yamada@yahoo.co.jp
suzuki@yahoo.co.jp
ishi@yahoo.co.jp
koiwai@yahoo.co.jp
koike@yahoo.co.jp
asou@yahoo.co.jp
yokoi@yahoo.co.jp
yoshida@yahoo.co.jp

と順調におそらく使われているであろうメールアドレスを作りだすことはできる。しかし、100個、1000個となると人間の能力では限界だ。そこで登場するのが、プログラムである。プログラムを使えば、1分間に10000000000000000個、10分間に100000000000000000個のメールアドレスを知らない人に送信することが可能になるのだ。

やり方はあえて書かない。興味がある人は、本屋で「はじめてのPHP」とか読んでみてほしい。

for(i = 0; i<10000000000000000; i++){
  ※「a~z」「-_」「0~9」の文字列をランダムに生成 ;
  ※「ランダムに生成した文字」@yahoo.co.jp(などのフリーアドレス)と結合
  ※メール送信関数
}

とか、こんな感じの処理で、あとは自動的にメールを10000000000000000(1京)個、見知らぬ人に送信してくれるのである。(※サーバーの処理速度はここでは無視)

たとえば、上のプログラムを実行した場合、どれくらいの集客が見込まれるだろうか。存在しないメールアドレスを生成する確率3割、メールを見てクリックする人の数をやや低めに1割と見積もったとしても、

10000000000000000×3割=3000000000000000(3000兆)個

3000000000000000×1割=300000000000000(300兆)人

と、たった数行のプログラムで全世界の人口数以上のユニークユーザーを獲得してしまうのだ。


【ぜったいにやめてください】

冷静になろう。そして、あなたの目指す集客とは何か、もう一度考えてみよう。もし仮に誤ってメールを送信したと偽ってメールを送信したとしても、1つや2つならまだしも、1京個もメールを一斉送信したら、即効で【SPAM】扱いされることだろう。そして、あなたのメールは、誰にも読まれずにゴミ箱に直行されるはずだ。


今回はネガティブな話題だったが、次回以降からは、かなりポジティブな話題になります。以下、次回へつづく。


参考記事
毎秒“1京回”の演算こなす次世代スパコン、施設建設地は神戸市に決定


==========
次回以降の更新予告
==========
第7回 : 2月12日更新予定 吉牛:時給800円/Blog:時給0円 モチベーションを高めるには(仮)
第8回 : 2月13日更新予定 お母さんを活用しよう(仮)
第9回 : 2月16日更新予定 NHKスペシャル沸騰都市のサイトから得た集客イノベーション(仮)

テーマ : 自宅で稼ぐ
ジャンル : ビジネス

第5回 メールのやり取りについて考える

さっそく、今日から集客力アップの実践に入っていきたい。私がいま試していることを、ここで披露し、検証して次につなげていこうと思う。

ここでもう一度、あの考えを振り返ろう。

人と人、人とモノ。いずれの間にコミュニケーションが発生するとき、そのすべてが宣伝や広告になる

毎日の生活を振り返ってみよう。オレは引きこもりだ、仕事ばかりで帰ったら深夜2時。他人はおろか、家族とすら会話していない。そんなあなたでも、毎日(掲示板の書き込みやmixiへのログインなども含めて)誰かしらと何らかのコミュニケーションをはずだ。そこにこそ、宣伝・広告のチャンスが広がっている。


【無駄にメールを送っていないか振り返る】

私が仕事でメールを使うようになってから、まず気がついたのが、企業の多くがメールの署名機能を活用していることだった。機能というと、大げさに聞こえるかもしれない。たんに、メール本文の後に、会社名、部署名、名前、電話、メールアドレスを追記するだけだが。この署名機能を活用すれば、自前のサイトへの集客に巧くつなげることができる。

では、みなさんはメールを相手に送信する時、署名をどのように書いているだろうか。いま私のメーラーを開いて、どんな署名が届いているか探ってみた。


==【A社S氏の署名】=====================

鈴木様

お世話になっております。
×××××社の○○○です。

  ・
  ・
(本文)
  ・
  ・

以上、よろしくお願いします。

**********************************
株式会社 ×××××
××××××××××部
×××セクション
〒000-000 ○○県○○市○○
□□□ □□
E-Mail: xxxxxxx@xxxxx.co.jp
TEL:(000)000-0000 FAX:(000)000-0000
**********************************
====================================

もう1社、ためしに署名を見てみよう。

==【B社O氏の署名】=====================

鈴木さん

お疲れさまです。
○○です。

  ・
  ・
(本文)
  ・
  ・

以上、よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------
××××××株式会社
企画制作本部 ディレクター
○○ ○○(XXXXX XXXX)
e-mail:xxxxxxx@xxxxxxx.com
〒000-0000 ■■区■■0丁目0番地0号 ■■■ビル7階
tel :03-0000-0000 fax :00-0000-0000
--------------------------http://www.xxxxxxxxxx.com

====================================

人によっては、署名を入れずに、メールの本文の最後に名前を入れるだけの人もいる。場合によっては、名前も入れないで本文だけの人もいる。特に友人同士のやり取りなら、いちいち名前など入れる必要などないと思うのも当然だろう。しかし、なんともったいないことか。

仕事でほとんど毎日見るのがメールである。しかも、Outlookやサンダーバードなど最近のメールソフトは、相手からメールが届いたらご丁寧にデスクトップにアラートをならしてくれるのだ。もうここまで書いたら、頭のいい皆さんならさっしがつくはず。そう、メール=集客。この署名にあなたのサイトのPRを入れるのである。

さっそく、上の2社を集客につながる署名に修正してみよう。A社S氏は取引先の相手だろう。なので、このような署名にしてみたらどうだろうか。

==【A社S氏の署名(修正版)】=================

鈴木様

お世話になっております。
最近、ブログを始めた×××××社の○○○です。
http://syukyakublog.blog56.fc2.com/

  ・
  ・
(本文)
  ・
  ・

以上、よろしくお願いします。

**********************************
▼魂がほとばしるほど熱いブログ▼
http://syukyakublog.blog56.fc2.com/
**********************************
株式会社 ×××××
××××××××××部
×××セクション
〒000-000 ○○県○○市○○
□□□ □□
E-Mail: xxxxxxx@xxxxx.co.jp
TEL:(000)000-0000 FAX:(000)000-0000
**********************************
====================================

B社O氏は、社員同士のやりとりなので、私ならこう書く。

==【B社O氏の署名(修正版)】===============

鈴木さん

お疲れさまです。
昨日、深夜2時半までブログ(http://syukyakublog.blog56.fc2.com/)を更新して
会社に遅刻しそうになった○○です。

  ・
  ・
(本文)
  ・
  ・

おすすめの記事=>http://syukyakublog.blog56.fc2.com/
最後まで読んでくれてありがとう=>http://syukyakublog.blog56.fc2.com/
クリックをお願いします=>http://syukyakublog.blog56.fc2.com/

以上、よろしくお願いします。

-----------------------------------------------------
××××××株式会社
企画制作本部 ディレクター
○○ ○○(XXXXX XXXX)
e-mail:xxxxxxx@xxxxxxx.com
〒000-0000 ■■区■■0丁目0番地0号 ■■■ビル7階
tel :03-0000-0000 fax :00-0000-0000
--------------------------http://www.xxxxxxxxxx.com
え?あの人も感動?20世紀少年の批評をアップ
http://syukyakublog.blog56.fc2.com/
====================================

ポイントは、さりげなくあなたのブログをPRすること。そしてブログのURLの上にはキャッチコピーをかならず入れよう(その理由と、注目されるキャッチコピーの書き方については、いずれ更新します)。

もちろん、上2つの署名は企業間のメールのやりとり用である。知り合い同士のメールであれば、もっと簡略化したPRでもいいだろう。携帯メール同士であれば、パケット代も考慮してPRも手短にした方が、相手にも喜ばれる。


【PR署名を入れ始めると、人とのコミュニケーションが好きになる】

たとえば携帯へ友人からメールが来たときの、これまでの私の反応はこうだった。

「あー返事すんのめんどくせー」
「用事があるなら、電話してこいよ」
「携帯メールだぁ?オレは女子高生じゃねーんだっつーの」

だが、署名に我がサイトのPRを入れるようになってからというもの、相手からメールが来るのがとても楽しみになった。なにせ、返事=PR=広告・宣伝になるのだ。たとえば、知り合いが私のメールを他人の第三者へ転送してくれた日など、もう感謝!感謝!感謝!である。この署名でのやりとりによって、どれくらいの集客が見込まれるか。

メールのやり取り者数のうち8割がURLをクリックすると仮定。メールをやり取りした人の数が1日あたり50人と見積った場合

・50人/1日×8割=40人/1日

これを1ヶ月続けたら、なんと約1200人の集客につながるのだ。

ま、実際は1ヶ月のほとんどが同じ人とのメールのやり取りになるだろうからここまでの集客は難しいだろうけど。

下に署名の参考デザインをリンクしました。ぜひ、今日から、いやたった今からでも、あなたのメールの署名を見直し、集客につなげてください。

メールの署名テンプレート
メールサインコレクション
署名WEB
署名の設定の仕方


以下、次回へつづく。


==========
次回以降の更新予告
==========
第6回 : 2月10日更新予定 メール集客、絶対にやってはいけないこと(仮)
第7回 : 2月12日更新予定 吉牛:時給800円/Blog:時給0円 モチベーションを高めるには(仮)
第8回 : 2月13日更新予定 お母さんを活用しよう(仮)
第9回 : 2月16日更新予定 NHKスペシャル沸騰都市のサイトから得た集客イノベーション(仮)
第10回 : 2月17日更新予定 アクセス数の現状報告と検証(仮)

テーマ : 得する情報
ジャンル : ビジネス

第4回 まずはじめに、宣伝・広告とは何かについて考える

昨日、おとといとSEO対策のダメ例を更新した。反面教師になればと。今日からは、いよいよ主題。集客について考えて更新していこうと思う。こっちの方が、気分がのってくる。SEO対策もいいけれど、もっと建設的な集客方法について、いろいろと実践・試行錯誤していこうではないか。

まずは、本ブログのユニークユーザー数。2月3日からスタートして現在までの数はというと、

ユニークユーザー数

10件にいってない。ま、こんなもんだろう。宣伝や広告は、いっさいしてないからだ。集客には宣伝や広告は必須だ。じゃぁ、宣伝や広告って、そもそもどんなことを言うのだろう?


私が思うに、これは極論かもしれないが、

人と人、人とモノ。いずれの間にコミュニケーションが発生するとき、そのすべてが宣伝や広告になる

もっと抽象化すると、

人の脳に信号を与え感情を隆起させるものが宣伝や広告

といえよう。ここまで抽象化させたら、宣伝や広告以外にも何に対してでも言えるかもしれないが。極論を見つけた方が、今後展開していきやすい。あとは、それをどう具体化していくかだ。


【宣伝・広告をする上での問題点】

例えば、携帯サイトを新規で立ち上げたとしよう。対象ユーザーだとか、サイトの内容とかはまずおいておいて。予算はいくらでもあるから、このサイトをたくさんの人に広めたいと思ったとき、あなたならどう宣伝を打ちますか?

私なら、こうしてみたい(写真はググッて拾ったものをお借りした)。

集客宣伝

巨大なQRコードを渋谷のど真ん中にかかげる。昼間の人通り仮に100万人(概算)として、うち1割が興味本位でQRコードを読み取れば、10万人のユニークユーザーを獲得できる。

集客宣伝

また、東京ドームに巨大QRコードを掲げれば、プロ野球やイベントなど年間を通してざっと概算1日あたり3万人の集客と見積もり、うち5割のユーザーがQRコードを読み取れば、1.5万人/1日あたりのユニークユーザーを獲得できる。

ざっと半年間の携帯サイトへのユニークユーザー数を見積もると(数字は思いっきり概算)

・渋谷からのアクセス数 10万人/1日×180日=1800万人
・東京ドームからのアクセス数 1.5万人/1日×180日=270万人
+ 話題性・口コミによる+α効果=およそ500万人


携帯の契約者数は約6500万人としたら、日本国内の携帯ユーザーの約3分の1を我がサイトへと集客できる。1年間掲げ続けたら、5140万人のユニークユーザーを獲得でき、携帯ユーザーのほとんどカバーする計算になる。ま、実際は、半年もQRを掲げていたら、ユーザーもさすがに飽きるだろうし、渋谷がいくら人通りが多いと言っても、雨が降った日はだれも立ち止まってQRコードを写メで撮ったりしないだろうし。日によって、アクセス数もまちまちだろう。


で、何が言いたいかというと、当方がアップしている個人ブログには当たり前だがそんな予算などなく。できたら予算をいっさいかけずに宣伝や広告を展開していきたいということだ。

なのでこのブログでは、集客?面倒くせーからテレビCMを24時間ジャックして、キムタク使ってやっちまえよ、っていうやり方ではなく、底辺をじわりと拡大していき、じわじわと集客を増やしていくようなやり方を目指していきたい。

予算をかけずにいったい何ができるのか?


そんなときこそ、ベトナムに伝わるこのことわざを思い出してほしい。

「アリは像をも倒す」

さっそく具体的な方法に入っていこう。


以下、次回へとつづく。


==========
次回以降の更新予告
==========
第5回 メールコミュニケーションを変える集客(予定)
第6回 メール集客、絶対にやってはいけないこと(予定)
第7回 吉牛:時給800円/Blog:時給0円 モチベーションを高めるには(予定)


テーマ : マーケティング
ジャンル : ビジネス

第1回 集客の重要性

自分はこれまでどちらかといえば、サイトに人が来ようが来まいが、自分の好き勝手なことを更新して、自分が面白ければいいかと思ってサイトを更新してきた。もちろん、見てくれた人にも楽しんでもらえたらそれに越したことはない。ネット以前、ミニコミをよく作っていたら、その延長でサイトも作っていた。

しかし。アフィリエイトを始めるとなると、そうも言ってられない。まずは下の画像を見てほしい。自分が更新している某ブログのここ2週間のアクセス数である。

image.jpg

このブログは、もうブログが世に出始めたころに登録し、かれこれ4年以上更新し続けている。

よくSEO本やサイト等で、

サイトアクセス数増加には、まずは記事を書きまくれ、そして良質な情報を流し続けろ。

と書いてある。どうだろうか。ま、このブログの記事はとりとめのない内容だから、妥当と言えば妥当な結果だし、特に集客はもとめていないからこの結果なのかもしれないが。見方を変えれば、4年続けていても、このアクセス数なのである。

つまり、知ってもらう努力をしなければアクセス数の増加は偶然を頼る(これについてはいずれ書こうと思う)しかなく、訪問者の増加を期待して記事を更新し続けても訪れるのはGoogleやYahooをはじめとした検索エンジンのクローラーだけだ。

いかにして、人を自分のサイトへと導かせるか。それにはまず、戦略を立てて実践しなきゃいけない。そう思い、最初にまずしたのはSEO対策だった。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
キャッチコピー作成の必須図書
image_20090309203631.jpg
類語大辞典

1分間で50個のキャッチコピーを作れます。

【使い方】
第16回 集客コピーセンスを偏差値30から75まで上昇させる参考図書
おすすめブラウザ

Google Chrome

Internet Explorerと比べ、仕事の効率が10倍上がります
プロフィール

鈴木 浩行

Author:鈴木 浩行
個人でアフィリエイトブログを立ち上げたものの、SEO対策をやりすぎて、しょっぱなにグーグル八分をくらってしまいました。いまは検索にも復活しているようですが、それを機に、検索エンジンにたよらない集客方法はないか探るようになりました。現在も継続中です。データをしめしながら、集客について模索していきたいと思います。

【略歴】
出版社に憧れ文学部に入学。大学時代は失われた10年ど真ん中。超氷河期で求人広告激減の中、集英社・講談社・角川・秋田書店・小学館・朝日新聞・読売新聞など大手マスメディアの就職試験を受けるも、ことごとく惨敗。当時、まだインターネットがようやく大学で出来るようになり始めたばかりで、「ネット?こんなのビジネスになんねーよ」と豪語し、出版社にこだわりつづけ、作文と面接で某編集プロダクションに入社。今はなき雑誌を、3日間で睡眠時間4時間、3ヶ月休み無しで制作。激務の下積み生活で己を鍛え上げる。雑誌廃刊とともに、「これからの時代はネットだ!」とITの世界へ転向。広告制作、WEBサイト構築、企画立案、営業など。あるときは、ネットショップのノウハウをゴーストライターとなりうんちく垂れ流し。あるときは、クライアントとシステム設計者の間に挟まれ「待て待て待て」と調整役となり。ある時は某アプリ構築のため、画像を明日の朝までに5600個切り出したり。実務もかねながら、7年以上ネットの世界に関わり続ける。今現在は、見出しの付け方からお客の惹き付け方、商品の紹介方法など、これまで培ってきたノウハウを活かし企業サポートを展開。「スズッチの言うことを聞いていれば間違いない」と企業からの信頼は厚い。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。