スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回 検索エンジンの未来とSEO

SEO関連の掲示板を見ていたら、ヤフーのアルゴリズムが変更になったことで話題になっていた。ヤフースタッフブログによれば、キーワードによっては順位の変動もあるとのことだった。私がSEOを行っているサイトは、若干落としたものの、1ページ目にとどまっていた。検索エンジンのアルゴリズムの変動とか聞くたびに、なにか大本営発表とそれに翻弄される一般市民の構図に思えてしまうのは私だけだろうか。

検索エンジンの未来

グーグルが先日、検索結果のカスタマイズ化をリリースした。これによって、検索エンジンのパーソナライズ化が進んだような動きだ。SEO対策を行っていると、検索エンジンのパーソナライズ化は必然の流れのように感じる。

以前の記事でも取り上げたが、検索エンジンの歴史をひもとくと、最初に人力でサイトをインデックスしていく流れがあって、その後、ロボットへと移行。ヤフーとエキサイトの熾烈な争いを横に、グーグルが躍進したのは、なんといっても人気投票(外部リンク)によって、検索結果表示に劇的革命をもたらしたからだった。

しかしである。

検索結果表示の順位が、いったんビジネスへと結びつくと、その順位も人力で偽装する手段が生まれてきた。たとえば、化粧品をあつかうサイト「A」と同じ化粧品を扱う「B」というサイトがあったとしよう。「A」外部リンクが100。「B」の外部リンクが10。あなたは、どちらの方に行ってみたいと思いますか? あなたはどちらのサイトが商品が優れていると感じますか?

単純に考えれば「A」のサイトの方が、優れていると感じるだろう。しかし、もし「A」のサイトの外部リンクは、すべて「A」の関係者によるもので、「B」のサイトは本当に使用してくれたユーザーからの評価だとしたらどうだろう。そういうことは、もう何年も前から行われていたし、いま現在も行われている対策である。


検索エンジンのパーソナライズ化は必然

いちはやくグーグルが検索エンジンのパーソナライズ化に乗り出した。これは、画期的な流れだと思う。というのも、検索エンジンにとって、あらゆる業者がSEO対策を行って上に持ってこようが、ある意味関係などないのだ。検索エンジンがこれまでも、これからも変わらぬポリシーはただ1点、「ユーザが入れたキーワードでどんな情報を望むか判断し、最良と思われる良質なコンテンツを提供する」ことであるはずである。もしSEO対策で1位に来たサイトでも、それがユーザにとって良質なコンテンツであれば、検索エンジンにとってもベストな結果であるはずである。

さらにパーソナライズ化が検索エンジンにもプラスと思われるのが、前々から言われていた「アップル」と検索したときの例である。

人によっては、りんごのアップルだろうし、人によってはMacのアップルだろう。その判別は、「アップル」だけのキーワードだけでは非常に難しいはずである。そして、パーソナライズ化が検索エンジンにとっても有利なのが、個人の検索の動向に合わせて、より個人に密接した広告や関連ワードを表示できるからに他ならない。

さらに、ユーザは記憶がどんどん消失していくものである。昨日見たサイトをパッと思い出せないこともある。そんなとき、「あなたが思い出そうとしているサイトはこれですか?」とウィンドウで誘導してくれたら、どんなに楽だろうか。いま、過去の履歴がただブラウザに残っているが、その履歴がサイトのテーマごとに自動的にインデックス化され、履歴からもアクセスしやすくなったらどんなに快適だろうか。あるいは、いまソーシャルブックマークなどでブックマークをクラウドしているが、もしそれが検索エンジンと連動してたらどんなに便利だろうか。知らないサイトや情報を「他の人はこんなサイトも見てます」「他の人は、こんなサイトもブックマークしてます」と教えてくれたら、昨日まで知らなかった情報を知ることができ自分がさらに学習できる。アマゾンでも、自分が知らない本で有名な本は、他の人が購入した関連書籍で知ることが多いが、それと同じことが検索エンジンでも当たり前のように行われるようになったらどんなに素敵だろうか。まだまだ検索エンジンには不足していることが多いのだ。だからこそ、パーソナライズ化によって、より便利なサービスにへと昇華していってもらえたら、サイトやWEB全体にとっても、最良の流れになるだろう。

荒らされたらどうするのか?
スパムのターゲットになったら?

ネガティブな意見は山ほどあるが、そんなことを言い続けていたらYoutubeは生まれなかったはずだ。


==========
次回以降の更新予告
==========
第27回:5月25日更新予定 アメブロのアクセス解析と、WEBサイトの未来(仮)
第28回:6月1日更新予定 新たに発見!口コミ効果を最大限にする震源地手法とは?(仮)
第29回:6月8日更新予定 集客のために街へ出よう!(仮)
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
キャッチコピー作成の必須図書
image_20090309203631.jpg
類語大辞典

1分間で50個のキャッチコピーを作れます。

【使い方】
第16回 集客コピーセンスを偏差値30から75まで上昇させる参考図書
おすすめブラウザ

Google Chrome

Internet Explorerと比べ、仕事の効率が10倍上がります
プロフィール

鈴木 浩行

Author:鈴木 浩行
個人でアフィリエイトブログを立ち上げたものの、SEO対策をやりすぎて、しょっぱなにグーグル八分をくらってしまいました。いまは検索にも復活しているようですが、それを機に、検索エンジンにたよらない集客方法はないか探るようになりました。現在も継続中です。データをしめしながら、集客について模索していきたいと思います。

【略歴】
出版社に憧れ文学部に入学。大学時代は失われた10年ど真ん中。超氷河期で求人広告激減の中、集英社・講談社・角川・秋田書店・小学館・朝日新聞・読売新聞など大手マスメディアの就職試験を受けるも、ことごとく惨敗。当時、まだインターネットがようやく大学で出来るようになり始めたばかりで、「ネット?こんなのビジネスになんねーよ」と豪語し、出版社にこだわりつづけ、作文と面接で某編集プロダクションに入社。今はなき雑誌を、3日間で睡眠時間4時間、3ヶ月休み無しで制作。激務の下積み生活で己を鍛え上げる。雑誌廃刊とともに、「これからの時代はネットだ!」とITの世界へ転向。広告制作、WEBサイト構築、企画立案、営業など。あるときは、ネットショップのノウハウをゴーストライターとなりうんちく垂れ流し。あるときは、クライアントとシステム設計者の間に挟まれ「待て待て待て」と調整役となり。ある時は某アプリ構築のため、画像を明日の朝までに5600個切り出したり。実務もかねながら、7年以上ネットの世界に関わり続ける。今現在は、見出しの付け方からお客の惹き付け方、商品の紹介方法など、これまで培ってきたノウハウを活かし企業サポートを展開。「スズッチの言うことを聞いていれば間違いない」と企業からの信頼は厚い。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。