スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回 グーグル八分中、それでもアクセスが落ちないわけ(下)

SEO? そんなの時代遅れっす! Google八分? 堂々と八分ってください! SEOのためだけなら検索にひっかからなくてもそれで結構。ただし! ユーザーに対してだけは、検索にひっかからないことは本当に申し訳ないと思う。

たとえば。

私が更新しているいくつかのブログを、Aさんに「面白い!これはみんなにも見てもらいたい!」と思っていただけたとしよう。Aさんは知り合いのBさんに「こんな面白いブログがあるんだよ」と紹介したとする。で、Bさんは、YahooやGoogleで私のブログのタイトルを検索してさっそく見ようした。でも、いっこうに表示されない。

そう。私は、このBさんに対して、申し訳ないと思うわけです。


【SEOを捨てろだと?偉そうに何をおっしゃいますか、に反論する】

私はこのブログでは、一貫して検索エンジンを使った集客は時代遅れと言い続けるつもりである。アホか!とお思いになる人もいるでしょうから、さっそく私のブログの2月~3月のアクセス数を集計してみた。

なお、当ブログは、希望商品名、希望キーワードだけでなく、ブログのタイトルそのものを入れても、いまだにGoogleの検索エンジンには表示されない状態である。

では、アクセス数の集計を。

image_20090305200349.jpg

おおよそ1日平均60~70人の方に訪問いただいている。404 Blog Not Foundさんのブログには遠く及ばないものの、いち個人のブログで開設から3ヶ月にしてはまずまずの出だしだと言えよう。

そして何よりもこちら。

image2_20090305201104.jpg

新規とリピーターの割合は半々が理想と言えるが、大変ありがたいのが多くのリピーターさまにお越しいただいている点だ。ネット上にこれだけブログやサイトがあふれている中で、私の更新しているブログを読んでいただけているというのは、本当に嬉しいことである。


【ユーザーの入り口となっているサイトはどこか?】

で、気になるのが、我がブログをユーザーはいったいどこで知り、どこからアクセスしてきたかだろう。

ここ1ヶ月間の、参照元のリストを出してみた。

(※GoogleとYahooのみ表示し、それ以外は消してますが、特に有料サイトや外部ブログなどをこちらから使って仕込んでいるわけではありません)

image3_20090305201647.jpg

どうだろう。Google八分中とはいっても、ちょこちょこっと複数のキーワードから我がブログへと訪れていただいているユーザーがいることは事実だ。しかし、それよりも2倍の集客数を誇る参照元がある。それはどこだろうか?


【正解を出す前に、集客とは何かを改めて考える】

答えを出すのはカンタンだ。おそらく答えを見たら、誰もが「そうか!」といって、同じ参照元を使い出すだろう。すでに、使い始めている企業なり業者もある。

ただし、これだけはあらかじめ言っておきたい。

集客方法は、各サイトのトーン&マナーや企業イメージ、理念、取り上げている商品等に即したやり方を使うべきであり、即我がブログの集客法をマネしたからと言って、同じ結果が出るとは言いにくいだろう。もしかしたら、理念と場がマッチし、ものすごい集客を生み出すかもしれない。逆に、ミスマッチとなって、あなたのサイトのイメージ崩壊につながるかもしれない。あくまでも、これはひとつの手法である。そして、我がブログには、この方法がマッチすると思い、実行に移したまでである。

じゃぁ、参照元の1位は何なのよってことだが。そこで考えてほしい。

そもそも集客のポイントとは何か?A地点からB地点へ、多くの人を誘導させるにはどうしたらよいか?

いくつか答えはあるが、一番簡単なのは、これだろう。

人がたくさん集まる場所で注目を集めること

つまり、A地点の数が多ければ多いほど、B地点へ流れる数が増えるという、ごくごくカンタンな答えだ。ならば次に考えるのは、今日本のネット界で一番人がたくさん集まるサイトはどこかということだが。

Yahoo? たしかにAlexaの日本では常に1位だ。しかし、例えばYahooのトップページにバナー広告を出すとしたら、いったいいくらお金がかかるのか? Yahoo広告資料はこちら。以前は値段も掲載していたような気がするが、いま見たら、価格までは記載されていなかったようだ。なので、代わりに読売新聞ON LINEの広告掲載費を確認してもらいたい。
=>読売ON LINE広告掲載費

お金があれば、全部買い取って、サイトジャックしたいところだが。もちろんそんな資本金などあるわけがない。


【もう頭のいいあなたなら、お分かりでしょう】

日本には、Yahoo以外にも人が集まるサイトがたくさんある。そのうちのひとつを我がアフィリエイトブログでは活用している。そのサイトは、セグメントもバッチリされてて、ユーザーと密にコミュニケーションできて。ピンポイントでターゲットへのPRも出来る。しかもお金をほとんどかけずに、だ。

頭のいいあなたなら、もう気づかれていることだろう。

正解はこちら。

image5.jpg



以下、次回へつづく。

==========
次回以降の更新予告
==========
第17回 : 3月9日更新予定 集客コピーセンスを偏差値30から75まで上昇させる参考図書(仮)
第18回 : 3月12日更新予定 もはやSEOは終焉へ!?いったいいつまでSEOに金をかけるつもりなのか?(仮)
第18回 : 3月16日更新予定 mixiで、なぜあなたは業者に間違えられたのか、を問う(仮)
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
キャッチコピー作成の必須図書
image_20090309203631.jpg
類語大辞典

1分間で50個のキャッチコピーを作れます。

【使い方】
第16回 集客コピーセンスを偏差値30から75まで上昇させる参考図書
おすすめブラウザ

Google Chrome

Internet Explorerと比べ、仕事の効率が10倍上がります
プロフィール

鈴木 浩行

Author:鈴木 浩行
個人でアフィリエイトブログを立ち上げたものの、SEO対策をやりすぎて、しょっぱなにグーグル八分をくらってしまいました。いまは検索にも復活しているようですが、それを機に、検索エンジンにたよらない集客方法はないか探るようになりました。現在も継続中です。データをしめしながら、集客について模索していきたいと思います。

【略歴】
出版社に憧れ文学部に入学。大学時代は失われた10年ど真ん中。超氷河期で求人広告激減の中、集英社・講談社・角川・秋田書店・小学館・朝日新聞・読売新聞など大手マスメディアの就職試験を受けるも、ことごとく惨敗。当時、まだインターネットがようやく大学で出来るようになり始めたばかりで、「ネット?こんなのビジネスになんねーよ」と豪語し、出版社にこだわりつづけ、作文と面接で某編集プロダクションに入社。今はなき雑誌を、3日間で睡眠時間4時間、3ヶ月休み無しで制作。激務の下積み生活で己を鍛え上げる。雑誌廃刊とともに、「これからの時代はネットだ!」とITの世界へ転向。広告制作、WEBサイト構築、企画立案、営業など。あるときは、ネットショップのノウハウをゴーストライターとなりうんちく垂れ流し。あるときは、クライアントとシステム設計者の間に挟まれ「待て待て待て」と調整役となり。ある時は某アプリ構築のため、画像を明日の朝までに5600個切り出したり。実務もかねながら、7年以上ネットの世界に関わり続ける。今現在は、見出しの付け方からお客の惹き付け方、商品の紹介方法など、これまで培ってきたノウハウを活かし企業サポートを展開。「スズッチの言うことを聞いていれば間違いない」と企業からの信頼は厚い。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。