スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回 SEO外部リンクに関する一考察

しばらくSEO関連の話が続いて恐縮だが。ここ数ヶ月、SEOにかかわってきて、改めて気がついたことがいくつかあるのでメモしておきたい。

SEO、というか、YahooやGoogleなどの検索エンジンで上位に表示させる方法は結局は2つしか方法がない。

「サイト内部」をいかに充実させるか。
「外部リンク」をいかに充実させるか。

つまり検索エンジン対策とは、「サイト内部」と「外部リンク」の深堀りでしかない。


外部リンクについて

しかし、ある企業のサイトによっては、内部ページを修正したいと思っても容易にできないこともあるだろう。たとえば、サーバ管理は外部制作会社が請け負っていてファイルの修正だけでも別途見積もりですとか言われてしまったり、あるいは、複雑にシステムが入り組んでいるため、たかだかHTMLレベルの修正でも難儀であったり、数年前に作成されたページゆえにtable入れ子で作られていて「これだと、いっそリニューアルしたほうがいいですよ」と提案してもその予算を社内で確保できなかったり。

で、結局は外部リンクで対応するしかないっていうのが、てっとりばやくてかつ安く済む方法だったりする。

その外部リンクについてだが、あくまでもこれは当方の勝手な推論と前置きした上で、今後は多数派の意見と少数派の意見をいかにバランスをとるかになっていくのではないかと思っている。

どういうことかというと、今の政治問題について2つの意見があるとしよう。

(意見A)
・政治評論家歴20年のベテラン記者 1名=>賛成
・政治にあまり関心がない一般人 5000名=>反対

(意見B)
・政治評論家歴20年のベテラン記者 1名=>反対
・政治にあまり関心がない一般人 5000名=>賛成

この場合、意見1と意見2、どちらがただしいといえるだろうか?

もちろん、

・政治評論家歴20年のベテラン記者 1名=>賛成
・政治にあまり関心がない一般人 5000名=>賛成

が理想ではあるのだろうけど、検索エンジンはあらゆる意見(サイト)について序列をつけて表示させる媒体である。実際のマニフェストであるならば、どちらが正しかったか歴史がその後を証明してくれるだろうが、意見Aと意見Bについて、どちらが評価できて、どちらが評価できないか、検索エンジンは結果をださなければならない。もしあなたが、検索エンジンだとしたら、いったいどちらを上に表示させ、どちらを下に表示させるだろう。


サイトの中身の充実度というが

意見Aと意見Bについて、ある人はこういうかもしれない。すなわち、意見の中身を問うのがベストだと。しかし、先にも言ったように、肝心のサーバにファイルをアップできない状況の場合、いまある意見がすべてになるだろう。また、これだけ数多くのウェブサイトが乱立し、しかもオリジナルのサービスならまだしも他社と似たようなサービスで競合多数だとしたら、いったいあなたはどこでその意見に差をつけるのか。


良質な外部リンク?

ここでいう良質な外部リンクとは、強引に置き換えれば政治評論家歴20年のベテラン記者ということになる。政治にあまり関心がない一般人は、ただ外部リンクを貼っているだけのサイトだろう。なら話は簡単だ。

(意見A)
政治評論家歴20年のベテラン記者 5000人

これならどうだろう。性別も年齢も違う政治評論家5000人が、微妙に意見が異なる箇所はあっても概ね意見Aに同意をしている。たしかに、これであれば、意見Aは正しいと判断することができそうだが。市場が常に正しいとは限らないように、専門家が常に正しいとは限らない。そして何よりも、ネットの世界では、時間さえあればいくらでも「政治評論家歴20年のベテラン記者」を装うことができるのだ。

(意見B)
偽「政治評論家歴20年のベテラン記者」5000人

として、検索エンジンに評価を仰いでもらうこともできるのである。


つまり、何がいいたいかというと、

その外部リンクについてだが、あくまでもこれは当方の勝手な推論と前置きした上で、今後は多数派の意見と少数派の意見をいかにバランスをとるかになっていくのではないかと思っている

というところにいきつくわけである。



以下、つづく。


==========
次回以降の更新予告
==========
第32回:7月7日更新予定 専門家ぶって記事を手っ取り早くラクに書く方法(仮)
第33回:7月14日更新予定 新たに発見!口コミ効果を最大限にする震源地手法とは?(仮)
第34回:7月21日更新予定 集客のために街へ出よう!(仮)

スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

第30回 _ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス ... の謎

SEO対策用に仕込んだブログについてインデックス状況を調べたら、Yahooの方で、仕込んだブログのタイトルが「_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス ... 」で登録されていた。

スルーの「ス」かと思って、グーグルとヤフーで検索してみたが、SEOがらみではなさそうな普通のサイトも「_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス_ ス ... 」になっているのがあった。

Google
Yahoo

で、ちょっと話はそれるのだが、サイトへの集客方法のひとつにプログラムコードのベタ打ちというのがある。WEB制作関係で、プログラム等作成する際、よくコードやエラー文言をそのまま検索へ入れ調べることをするからだ。

さっそく_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス+...で試してみた。

_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス+...で検索する人がどれくらいいるかわからないけれど。

★追記★
単に文字コードの問題か?

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス_+ス+...&ie=euc-jp&btnG=検索&lr=


以下、次回へつづく。


==========
次回以降の更新予告
==========
第31回:6月30日更新予定 アメブロのアクセス解析と、WEBサイトの未来(仮)
第32回:7月7日更新予定 新たに発見!口コミ効果を最大限にする震源地手法とは?(仮)
第33回:7月14日更新予定 集客のために街へ出よう!(仮)

テーマ : 得する情報
ジャンル : ビジネス

第28回 SEOトンデモサイト

ここ数ヶ月、某企業さんのSEO対策を自力でやっている。SEOをしていると、いろいろと面白いサイトがいっぱい出てくる。文章が何を書いているかよくわからない内容のものや、キーワードが羅列した意味不明なテキストなどなど。SEOの世界は、いわばトンデモサイトのオンパレードだ。

たとえば、今さっき見つけたSEOトンデモサイトを紹介すると。。。

http://www.assajhb.info/SAJHBI126.html

さっそくクリックしてみよう。

ひらがなばかりで、パッと見、小学生か誰かが書いた文章に思われるが、文章中盤あたりにある「人気」をクリックしてみよう。

どうでしょうか? 出てきましたね。
ヤフーで上位に表示されている、大手のサイトが。

やっていることは、まったく否定するつもりはない。なぜなら、私も似たようなことをしているから。


SEOの世界は、きれいごとだけでは上位を勝ち取れないのだ。


==========
次回以降の更新予告
==========
第29回:6月8日更新予定 アメブロのアクセス解析と、WEBサイトの未来(仮)
第30回:6月15日更新予定 新たに発見!口コミ効果を最大限にする震源地手法とは?(仮)
第31回:6月22日更新予定 集客のために街へ出よう!(仮)

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

第26回 検索エンジンの未来とSEO

SEO関連の掲示板を見ていたら、ヤフーのアルゴリズムが変更になったことで話題になっていた。ヤフースタッフブログによれば、キーワードによっては順位の変動もあるとのことだった。私がSEOを行っているサイトは、若干落としたものの、1ページ目にとどまっていた。検索エンジンのアルゴリズムの変動とか聞くたびに、なにか大本営発表とそれに翻弄される一般市民の構図に思えてしまうのは私だけだろうか。

検索エンジンの未来

グーグルが先日、検索結果のカスタマイズ化をリリースした。これによって、検索エンジンのパーソナライズ化が進んだような動きだ。SEO対策を行っていると、検索エンジンのパーソナライズ化は必然の流れのように感じる。

以前の記事でも取り上げたが、検索エンジンの歴史をひもとくと、最初に人力でサイトをインデックスしていく流れがあって、その後、ロボットへと移行。ヤフーとエキサイトの熾烈な争いを横に、グーグルが躍進したのは、なんといっても人気投票(外部リンク)によって、検索結果表示に劇的革命をもたらしたからだった。

しかしである。

検索結果表示の順位が、いったんビジネスへと結びつくと、その順位も人力で偽装する手段が生まれてきた。たとえば、化粧品をあつかうサイト「A」と同じ化粧品を扱う「B」というサイトがあったとしよう。「A」外部リンクが100。「B」の外部リンクが10。あなたは、どちらの方に行ってみたいと思いますか? あなたはどちらのサイトが商品が優れていると感じますか?

単純に考えれば「A」のサイトの方が、優れていると感じるだろう。しかし、もし「A」のサイトの外部リンクは、すべて「A」の関係者によるもので、「B」のサイトは本当に使用してくれたユーザーからの評価だとしたらどうだろう。そういうことは、もう何年も前から行われていたし、いま現在も行われている対策である。


検索エンジンのパーソナライズ化は必然

いちはやくグーグルが検索エンジンのパーソナライズ化に乗り出した。これは、画期的な流れだと思う。というのも、検索エンジンにとって、あらゆる業者がSEO対策を行って上に持ってこようが、ある意味関係などないのだ。検索エンジンがこれまでも、これからも変わらぬポリシーはただ1点、「ユーザが入れたキーワードでどんな情報を望むか判断し、最良と思われる良質なコンテンツを提供する」ことであるはずである。もしSEO対策で1位に来たサイトでも、それがユーザにとって良質なコンテンツであれば、検索エンジンにとってもベストな結果であるはずである。

さらにパーソナライズ化が検索エンジンにもプラスと思われるのが、前々から言われていた「アップル」と検索したときの例である。

人によっては、りんごのアップルだろうし、人によってはMacのアップルだろう。その判別は、「アップル」だけのキーワードだけでは非常に難しいはずである。そして、パーソナライズ化が検索エンジンにとっても有利なのが、個人の検索の動向に合わせて、より個人に密接した広告や関連ワードを表示できるからに他ならない。

さらに、ユーザは記憶がどんどん消失していくものである。昨日見たサイトをパッと思い出せないこともある。そんなとき、「あなたが思い出そうとしているサイトはこれですか?」とウィンドウで誘導してくれたら、どんなに楽だろうか。いま、過去の履歴がただブラウザに残っているが、その履歴がサイトのテーマごとに自動的にインデックス化され、履歴からもアクセスしやすくなったらどんなに快適だろうか。あるいは、いまソーシャルブックマークなどでブックマークをクラウドしているが、もしそれが検索エンジンと連動してたらどんなに便利だろうか。知らないサイトや情報を「他の人はこんなサイトも見てます」「他の人は、こんなサイトもブックマークしてます」と教えてくれたら、昨日まで知らなかった情報を知ることができ自分がさらに学習できる。アマゾンでも、自分が知らない本で有名な本は、他の人が購入した関連書籍で知ることが多いが、それと同じことが検索エンジンでも当たり前のように行われるようになったらどんなに素敵だろうか。まだまだ検索エンジンには不足していることが多いのだ。だからこそ、パーソナライズ化によって、より便利なサービスにへと昇華していってもらえたら、サイトやWEB全体にとっても、最良の流れになるだろう。

荒らされたらどうするのか?
スパムのターゲットになったら?

ネガティブな意見は山ほどあるが、そんなことを言い続けていたらYoutubeは生まれなかったはずだ。


==========
次回以降の更新予告
==========
第27回:5月25日更新予定 アメブロのアクセス解析と、WEBサイトの未来(仮)
第28回:6月1日更新予定 新たに発見!口コミ効果を最大限にする震源地手法とは?(仮)
第29回:6月8日更新予定 集客のために街へ出よう!(仮)

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

第25回 SEOは、なんだかんだ言って地味にコツコツが一番ベスト?

昨日、週3回、SEO対策の件で出向している会社の担当者さま2名から、電話が入った。

「鈴木さん、何をしたのですか?! いまヤフーで検索したら、驚きましたよ! うちのサイトが3番目じゃないですか!」

特に驚くべきことは、一切何もしていない。ここ2ヶ月間ほど、地味にコツコツとSEO対策を行なっていただけである。その結果が、某業界のビッグワードで順位を引き上げたのだろう。ただ、検索エンジンの表示結果はアルゴリズムの変動で天国から一気に地獄へと落とされるものである。今が3位だといって、少し気を緩めれば、順位は下がっていくだろう。しばらくは、引き続きSEO対策を続けていくつもりである。

何よりも私が達成感を感じたのが、業界においてあらゆる強豪がひしめくビッグワードであり、かつ順位の前後にはテレビCMや雑誌広告などを打っている企業がずらりと並んでいる中での3位である。おそらく企業名を挙げれば、誰しもが聞いたことある企業ばかりだろう。そんな中で、3位に来れたのが喜ばしい。そして予算をかけず(当方の人件費のみ)でここまで押し上げたことが、やればできるのだなと改めて痛感させられた。ベトナムのことわざにある「アリは像をも倒す」である。


いったいどんな対策をしたのか?

本件の条件は、お金をかけない(当方の人件費のみ)で行なってほしいとの要望である。なので、当たり前だがリンクを買うという行為は一切行なっていない。もちろん、隠しリンクや、フォントサイズ0、背景と文字色を同化などのスパム行為も一切手をつけていないし、そんなことをする理由などない(いまどきそんな時代遅れの行為をしている人はいないだろう)。

私が行なったのは、ただ1点、良質な外部リンクを増やす、これである。もちろん、サイトのインデックスをしっかりとさせることや、ソースの記述をいじった箇所もあった。ただ、ソースの記述についていえば、現状のサイトがtableの入れ子しまくりだったのですべてCSSで直すのは時間と手間がかかるため、そのままにし、必要最低限の箇所のみの修正にした。よく言われるh1タグ、h2タグ等に関しては、本件のサイトでは、正直にいうとあまり対策をしていないし、数年前ならともかく、今現在、H1タグH2タグにしたから検索エンジンの上位にくるというのは、妄信しすぎである。個人的な感想だが、あくまでもh1やh2タグは、cssでコーディングする際、記述を簡素化できるので便利なくらいに留めておくのがいいだろう(ま、やったことにこしたことはないが、あまりそれだけで効果があると思わないように)。

ある人によっては、「良質な外部リンク? ブログをたくさん作ることだろ? そんなのオレでもやってるよ」と思う人もいるだろう。では、そのブログは検索エンジンで検索した時、上位に来ていますか? ユーザが見た時に、なるほどと思わせる内容になっていますか?

もちろん、ブログとは違うやり方で外部リンクを増やしてもいる。これについては、まだ広く浸透していない方法なので、ここでお伝えすることはできない。私はこれを閃いたとき、ネットの世界が初めて開かれたオープンな世界なんだと痛烈に実感した。少し考えれば誰でも閃くことだろう。頭のいい皆さんのことだから、きっと私などよりももっと効果的な方法を見つけられるはずである。


==========
次回以降の更新予告
==========
第27回:5月25日更新予定 アメブロのアクセス解析と、WEBサイトの未来(仮)
第28回:6月1日更新予定 新たに発見!口コミ効果を最大限にする震源地手法とは?(仮)
第29回:6月8日更新予定 集客のために街へ出よう!(仮)

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
キャッチコピー作成の必須図書
image_20090309203631.jpg
類語大辞典

1分間で50個のキャッチコピーを作れます。

【使い方】
第16回 集客コピーセンスを偏差値30から75まで上昇させる参考図書
おすすめブラウザ

Google Chrome

Internet Explorerと比べ、仕事の効率が10倍上がります
プロフィール

鈴木 浩行

Author:鈴木 浩行
個人でアフィリエイトブログを立ち上げたものの、SEO対策をやりすぎて、しょっぱなにグーグル八分をくらってしまいました。いまは検索にも復活しているようですが、それを機に、検索エンジンにたよらない集客方法はないか探るようになりました。現在も継続中です。データをしめしながら、集客について模索していきたいと思います。

【略歴】
出版社に憧れ文学部に入学。大学時代は失われた10年ど真ん中。超氷河期で求人広告激減の中、集英社・講談社・角川・秋田書店・小学館・朝日新聞・読売新聞など大手マスメディアの就職試験を受けるも、ことごとく惨敗。当時、まだインターネットがようやく大学で出来るようになり始めたばかりで、「ネット?こんなのビジネスになんねーよ」と豪語し、出版社にこだわりつづけ、作文と面接で某編集プロダクションに入社。今はなき雑誌を、3日間で睡眠時間4時間、3ヶ月休み無しで制作。激務の下積み生活で己を鍛え上げる。雑誌廃刊とともに、「これからの時代はネットだ!」とITの世界へ転向。広告制作、WEBサイト構築、企画立案、営業など。あるときは、ネットショップのノウハウをゴーストライターとなりうんちく垂れ流し。あるときは、クライアントとシステム設計者の間に挟まれ「待て待て待て」と調整役となり。ある時は某アプリ構築のため、画像を明日の朝までに5600個切り出したり。実務もかねながら、7年以上ネットの世界に関わり続ける。今現在は、見出しの付け方からお客の惹き付け方、商品の紹介方法など、これまで培ってきたノウハウを活かし企業サポートを展開。「スズッチの言うことを聞いていれば間違いない」と企業からの信頼は厚い。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。